2015年04月29日

今日から大人です

平成27年4月29日(水・祝・昭和の日)晴れ

息子が20歳の「新成人」となりました。
数日早かったのですが、息子の都合で今日の開催となりました。
19:00頃から、息子のバイト先である本川越駅近くの「なごみ」という居酒屋に家族が集まりました。
まずはビールで乾杯!!
コース料理や飲み放題もあったようですが、最近では、私があまり呑めなくなってしまいましたので、単品注文としました。
まず、運ばれてきたのは、先付、ホタルイカの煮つけとワカメの味付けでしたが、ホタルイカを口にして、
−−う〜ん。いい味してるわ・・・−−
と感心。
続いては、刺身の盛り合わせでしたが、「魚介類には自信がある」というだけあって、
これまた、とても新鮮で一切れ一切れが実に歯ざわりが良く、お酒に良く合う・・・。
料理長は「本当に、いい仕事してるわ・・・」と頷かずにはいられなかった。
DSC00214.JPG

私は、刺身を肴に次はカシスサワーへと進んで行った。
息子も日本酒を注文する。
店はそれほど大きくはないが、こじんまりしているところがまたいい。
店長(オーナー)もマネージャー(奥さま)も美人で、そして、そして、スタッフ共々実に皆が明るい。
これは、決して息子が勤めているからではなく、この店独特の雰囲気なのであろう。
はっきり言って「家庭的な雰囲気」が何よりも嬉しい。
マネージャーと息子でVサイン

DSC00215.JPG

私は、呑むとあまり食べない方なので、刺身だけで十分であったが、家内と息子は「海老フライ」と「牡蠣フライ」をかぶりついていた。
私は3杯目もカシスサワーをチビリチビリと味わう。
やがて、店からはバースデーケーキの差し入れもあり、息子は上機嫌で思わずハイ・ポーズ!
DSC00221.JPG

その他にも色々な注文をしたようだが、私はいい気分になって何を食べたのか忘れてしまいました。
最後は店自慢の「釜飯」であったが、料理長じきじきに持ってきてくれて、土鍋の蓋を開けると実に美味しそうな匂いが漂ってきた。具材は色々入っており「特別メニュー」だったのかもしれない。
そして、何よりも「おこげ」が美味しかった。
昨今では、どこの家庭でも「炊飯ジャー」でご飯を炊くので「おこげ」を食べるのは何年振りだろうか・・・。
ややほろ苦いカリカリとした食感は、昔、私の田舎で釜で炊いていたご飯を思い出させてくれた。
こんな雰囲気の良い店でバイトをさせてもらっている息子は−幸せ者だ−とつくづくと感慨深い思いであった。
私の20歳は、一人寂しく東京のアパート暮らしであった。
でも、息子は家族はもちろん、バイト先のお店にも祝ってもらって・・・これが現代風なのかな??
家族+バイト先の先輩

1430313486956.JPG
私と家内からは、ポール・スミスの革製の長財布をプレゼントしたが、息子はポール・スミスを知らなかったらしい。
店の先輩から、
「えっ?! 知らないの? これって今徐々に人気がUpしている隠れた有名ブランドだよ。僕も以前持ってたよ」
と言われて、息子は、
「へえ〜。そうなんだ。ちっとも知らなかった。親父は良く知ってたね」
と、改めて感触を確かめていた。
まあ、家内の入れ知恵もあったのだが、息子の喜ぶ顔が一番であった。
自宅に帰ってから、早速、古ぼけた財布から少ない小遣いやカード類を入れ替えて、ご満悦であった。
psu634-10b.jpg

「なごみ」には3時間位ねばったであろうか。
息子がバイトをしているから、とか、の問題ではなく、本当に店の名前の通り「和み」のできる、ちょっとした隠れ処(かくれが)でした。
このブログを見て下さっている皆さんも、是非、是非、足を運ぶ甲斐がありますよ!
本川越駅から徒歩3分で〜す。

下記をクリックして、お店の雰囲気をお楽しみください。
NAGOMI
NAGOMI
ジャンル:魚と日本酒の居酒屋
アクセス:東武東上線川越駅 東口 徒歩10分
住所:〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-3-9 アミティ本川越202(地図
周辺のお店のプラン予約:
もつ鍋居酒屋 はらへった 志木 のプラン一覧
土間土間 若葉店のプラン一覧
海鮮居酒屋 はなの舞 和光市駅前店のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 川越×和食
情報掲載日:2015年5月1日





※息子は、本年8月をもって「なごみ」を退職いたしました※


posted by bungetsu at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

鬼怒川温泉

3月30日

明日から2日間(3月31日〜4月1日)に、家内の用事で茨城の実家へ行く予定であったが、20:00過ぎに義兄より「都合が悪くなったので、また、後日改めて、ということにしてくれないか」と言うTELがあった。
まあ、1泊2日とはいえ一応は旅支度をしていた。
さてどうしょうか・・・。折角、着替えなどもバッグに詰めたことだし・・・と、家内と睨めっこ。
「じゃあ、このまま旅にでも行くか」
と、私。
「そうしよう!」
と、家内。
色々考えた末、
「近いところで鬼怒川温泉にでもするか」
「うん、いいね〜」
と、言うわけで、鬼怒川温泉に行くことに決めたが、ここからが問題だった。
PCにかじりついて鬼怒川温泉を検索するも、ウイークデイだから大丈夫だろうと考えていたのが大間違い。検索すれども検索すれども、どこもかしこも「満室」なのだ。
22:00近くになって、やっと1軒がヒットした。しかし、良く見ると「訳あり」・・・。
宿の紹介文を読むと、
「部屋はツインですが少々狭いです」
「ボイラー室が近くにありますので若干の騒音が聞こえるかもしれません」
「窓からの眺望はご期待に添えません」
一応キープして検索を続けるも、中小の旅館までもが「満室」「満室」なのだ。
家内もさすがに、
「まっ、いいじゃない。布団部屋ではないみたいだしさ、泊まれるだけでもいいんじゃない」
と、22:30過ぎにインターネットで予約を入れた。

平成27年3月31日(火)晴れ

9:30過ぎに自宅を出発する。
関越高速〜外環道〜東北自動車道へと入る。
平日とあって、どの道路も全くの渋滞はなくスイスイと流れた。
11:30頃、今市ICを降りて、「たまり漬」で有名な上澤梅太郎商店へ立ち寄る。
もちろん、「たまり漬」を買うためだ。
お客もまばらで、試食品をかたっぱしから食べてみる。
「タッパでご飯でも持ってくれば良かったかな」
と、ボソっと言うと、
「バカなこと言ってんじゃないわよ」
と、家内に叱られた。
買ったのは「らっきょう」「しょうが」「ふき」の3種類。
それでも、店員さんのにこやかな「ありがとうございます」の声に和まされた。
上澤梅太郎商店の看板娘?

DSC00193.JPG

丁度昼になったので、昨夜、検索しておいた「みはしや」という蕎麦とうどんの専門店へ向かう。
店の駐車場を間違えて、すぐ隣の○○整形外科という病院の駐車場に入ってしまった。
家内いわく、
「あなた、足が悪いから丁度いいんじゃない」
と言うわけで、○○整形外科の駐車場を拝借して車を止めて、すぐ隣の「みはしや」に入ることとする。
店の外観を見て、
「また、変な汚い店に連れて来る・・・」
と、家内は店構えを見てブスった。
何とかなだめて店に入ると丁度正午頃とあって満席状態。それでも席に付くと、家内は店内をキョロキョロ。そして、
「ねぇ、何かTVでも紹介された・・・って、あそこに書いてあるわよ」
と囁き、私は、ザルそば+ミニ親子丼セット。家内は、天ぷら丼+ミニざるそばセットを頼んだ。
やがて運ばれてきたそばを食べてビックリだぁ〜!!
「美味い!! 腰があって喉にもスルスルと入っていく」
「そうね。いい味してるわね」
家内のご機嫌ナナメもいっぺんに吹っ飛んだ。
150x150_square_22569286.jpg

13:00過ぎ、店を出て日光街道の杉並木を走り、鬼怒川へと向かう。
まだ時間も早いので、「鬼怒川ロープウェイ」に乗ることとする。
平日ではあったが、まあゴンドラは結構満員状態。丸山山頂駅で降りる。
鬼怒川温泉街が一望できる・・・とのことであったが、近くで野焼きでもしているのか煙のような靄が漂っており、絶景とまではいかなかった。また、猿も飼育されているということであったが、日光猿軍団や信州の地獄谷温泉野猿公苑を知っている私ら夫婦には特別見るほどでもなかった。
鬼怒川ロープウェイと鬼怒川温泉街一望

DSC00195.JPG

DSC00198.JPG

15:00過ぎにロープウェイを後にして宿泊先の「ホテル鬼怒川御苑」に向かうも、10分もしないうちに到着した。
さすがに「満室」で「訳あり」しか空いていなかったためか、駐車場も満杯。
案内係が飛んで来て、
「すいません。今日は駐車場が満杯なので、車は近くの駐車場へ移動していただき、マイクロバスで送迎しております。ハイ・・・」
とのことだったが、
「足が不自由なので何とかなりませんかねぇ」
と、ちょっと掛け合ってみた。
「そうでございましたか。それでは、この建物の横にある駐車場へご案内いたします」
と、まあ、無理難題も言ってみるものだ。
結局、他のお客の困惑顔をしり目に、宿の駐車場へ止めることができた。
チェックインを済ませ部屋は9Fであった。
確かに「訳あり」で、窓からの眺望は単なる山の稜線とまだ一輪も咲いていない桜の木だけであったが、
部屋の広さは、そこかしこのビジネスホテル並みの広さで、これで十分だ。
また、ボイラー室の騒音も「耳を澄ませば・・・」程度であり、特に気にはならない。
ユニットバス・トイレも付いている。
家内と二人で、
「上等じゃないの。電車の線路沿いでガタゴト響くよりも静かじゃないの」
と、納得する。
早速、風呂に入ることとして、私は、露天風呂へ入った。家内は、女性用の大浴場に入ったとか。
湯加減も丁度良く、入浴客もまばらでゆったり、のんびり手足を伸ばした。
ホテル鬼怒川御苑

11hWCT.jpg

男子露天風呂

キャプチャ.jpg

17:00、夕食のため4Fのバイキング会場へ入った。
山の中であったが、「北海道グルメ・フェア」を開催しており、
「焼きズワイ蟹」「ホタテの網焼き」「刺身」「寿司」などで海の幸満載。その他にも料理は品数も豊富で、
「もしかしたら、今までの旅行で、食事はここが一番かも・・・」
と、家内。
私はというと、
1,700円+での90分飲み放題に飛びついた。
17:05頃、最初の1杯目の生ビールが運ばれてきた。
焼きズワイ蟹、ホタテの網焼き、刺身などを肴にチビリ、チビリと呑み始める。
さて、ここからが面白い展開となった。
2杯目にはハイボールを頼んだが、運んで来てくれた仲居のA子さん(名前は名札ではっきりしているが、宿の関係者がこのブログを見ているとマズイので匿名とさせていただきます)と俄然意気投合。
「あら、最初のビールの時間は書いてあるけど、開始時間の札がないわねぇ」
「じゃ、いいわ。今の時間から開始ということにしてあげる」
と、「17:20開始」の札を張り付けてハイボールを置いて行った。
私は、というと、3杯目は「ぶどうハイ」、そして4杯目は「グレープフルーツハイ」へと入っていた。
だが、グレープフルーツハイが何とも旨くない。ペース・ダウンしてしまった。
そこへA子さんが巡回して来て、
「あら、お客さん、お酒が進んでないわねぇ」
「うん、ちょっとこれは美味しくないんだ」
「そう、じゃ、いいわよ。無理して呑まなくても。これはナゲシに流せばいいんだから。ハイ、じゃあ、次は何にする?」
と、いうわけで5杯目のぶどうハイへと交換してくれる。
時間は15分も延長してくれるし、あっさりと別のお酒に交換してくれるしで、何とも嬉しいサービスであったが、食後、+料金の精算のため受付にオーダー表を出すと、受付係の女性(ひと)がいぶかった。
「お客さん、開始時間が17:20となっていますが、17:05に生ビールを呑まれていますよねえ。1杯目は別料金になりますが・・・」
実に、するどいところにチェックが入った。
そうか、そうか、この係の女性は酔ってはいないんだ・・・。
「あっそれね。1杯目の生ビールの注文は17:05だったの。だけど、届いたのが17:20だったわけ。それで、『遅いじゃないですか』と文句を言ったら『じゃあ、17:20からのスタートにします』と、この開始時間の札を置いていったの」
と、苦し紛れの言い訳をすると、やっと、係の女性も、
「それは大変申し訳ございませんでした」
と、平身低頭。
いえいえ、こちらこそチョイとばかり嘘をついてしまいました。内心ヒヤヒヤものでした。
ホロ酔い気分になって部屋へ帰り、早々にバタンキュー。おやすみなさ〜い。

平成27年4月1日(水)曇り

朝食も4Fのバイキング会場だったが、昨夜と同じく品数も多く、あれもこれもと欲張って食べてしまい、朝からガッツリ満腹状態。9:40頃、チェックアウト。
後は帰るのみで、特に決めてはいなかったが、中禅寺湖へ行って見ることとして車を走らせた。
「いろは坂」を上って、11:00頃に中禅寺湖畔に着く。
だが、桜はまだ1本も咲いてはおらず、観光客は、はっきり言って「0」。平日とあって釣り客もまばら。
遊覧船があると思っていたが、こちらも4月中旬まで運休状態。
とりあえず、ひなびた(しなびた)喫茶店へ入り、二人でコーヒーを飲む。お客も私たち二人だけ。
店のおばちゃんも、
「今日は、あなた方が最初で最後かもね」
と、寂しそうに笑っていた。
中禅寺湖畔

DSC00204.JPG

コーヒー・タイムの後は、ただひたすらに帰路についた。
「いろは坂」を下り、今市ICから東北道〜外環道〜関越道。
14:40頃、無事帰宅する。
−お疲れさまでした−
posted by bungetsu at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。